交通事故を弁護士に相談!示談までの体験談!

一般的に交通事故を起こして、加害者になったときには保険会社に任せることで解決することが多いです。しかし、被害者になったときには保険会社は頼りになりません。保険を支払う義務がないときには積極的に介入しないからです。

そこで大事なのが弁護士に相談することです。ここではそんな示談までの体験談を紹介してきます。

交通事故での民事問題では警察は動かない!困ったら弁護士に相談!


交通事故を起こしたら保険会社に連絡する

一般的に交通事故を起こしたら保険会社に連絡します。その理由は保険を支払うために必要だからです。警察の現場検証などと同じように通常の手順として考えている人は多いでしょう。確かに間違いではないのですが、これは加害者になった場合です。

加害者になると保険金を支払う側です。そのため、保険会社に連絡することが大事になります。しかし、被害者になると自分の保険会社はあまり関係なくなります。私が交通事故を起こしたときも保険会社へ連絡しました。ただ、そのときに事故状況を聞いて、保険会社は興味を失ったような対応をしたのです。

私は追突された側だったので、よほどのことがない限り保険金の支払いはないと考えたのでしょう。その対応があからさまだったので、私がこちらの保険会社があてにならないと気づくきっかけになりました。それでも、まだ相手の保険会社が対応してくれると考えていたので、手を引かれても心配はしていませんでした。

ただ、私の知っている手続きとは違うと感じただけです。相手側の加害者は自分が悪いことを認めていたので、トラブルになることはないとも思っていました。


自分が被害者になったら保険会社は手続きしたくれないことがある

保険会社は自分が支払うケースになれば、色々と面倒を見てくれます。しかし、保険会社が介入しないとなると対応が悪くなることがあるのです。私の場合はほとんど何もしてくれませんでした。どうすればいいかなどの、アドバイスなどもしてくれなかったくらいです。

自分で手続きに必要な書類を集めたり、分からないときは知っている人に聞いたりして対応しました。手探り状態で対応していたので、見落としがあるのではないかと不安になったのを覚えています。手続きの準備を進めながら、病院に行っていました。

治療費はもらえると分かっていたので、当初は診断書をもらう目的だったのです。その頃から体が不調になっていった記憶があります。病院ではむち打ちと診断されて、それが原因になって不調になっているのだろうということになりました。

保険会社としては不服があったかもしれませんが、病院の判断ですので文句が言えないという状態でした。体の不調はよくなることがなく、ずっと具合が悪いような感じになったのです。日によって調子の悪さは変わりましたが、体調が万全にはなかなか戻りませんでした。

保険会社の提案する示談には応じない

私が体調が悪いのは交通事故のせいではないと、保険会社は言ってきたのはその頃からです。医師の診断書があって病院でも治療をしているのに、なぜそのようなことを通告してきたのかが分かりませんでした。後で考えれば保険会社としては、それ以上治療費を払うよりも示談で決着をつけたかったのでしょう。

しかし、そのような通告を受けて、保険会社に対して疑問と不信感が生まれました。それがなければ示談に応じていたかもしれません。あとで相談した弁護士には、そのタイミングで示談に応じなくて良かったと言われました。

示談が成立していたら、それ以上の示談金をとることは難しかったと言うのです。保険会社の提案する示談金は少なかったとも言われました。私としては、そのときに応じなかったのは打算ではなく意地だけでした。そのときに困ったのが相談できる人がいないことです。

専門的な知識があって、交渉もできる人を知らなかったからです。そこで友人から弁護士を紹介してもらうことにしました。弁護士であれば代わりに交渉をしてくれると考えました。

交通事故の相談は弁護士にするのが良い!私が体験した依頼してよかったポイント!

困ったときに相談できるのは弁護士

交通事故の対応でトラブルになるようであれば、弁護士に相談するといいでしょう。専門知識がありますし、経験もあるからです。交通事故に強い弁護士を選ぶと間違いがありません。交通事故の交渉代理人という意味では弁護士は最適な選択になります。

私が弁護士に依頼したのは治療費の支払いと慰謝料です。そのときに症状固定なら、障害者認定を受ければ示談金をとれると言われました。そのことを知りませんでしたので、弁護士に相談していなければ、私が得することはなかったでしょう。

保険会社の都合よく示談になってしまい、それ以上は慰謝料をとれなかったかもしれません。それ以上の交渉はすべて弁護士に任せることにしました。そのような交渉をしていたせいで不調だったかもしれないのです。それがなくなったので、気分と体調が段々と回復しました。

弁護士に任せればすべてよくなったことで、ストレスから解放されました。そう考えると、私は恵まれている方です。何も知らなければ、大きく損をしていたかもしれないからです。

交通事故の賠償金を手に入れるなら弁護士にお任せ

弁護士が出てきたことで相手の保険会社は対応を変えた

私が交渉していたときには態度が悪かった保険会社ですが、弁護士が出てきたところで対応が変わりました。

弁護士から聞いた話によると、保険会社が率先して解決に尽力したと言うのです。私が対応していたときには、のらりくらりと支払いをかわされていました。それがあったから不信感が生まれました。

弁護士に依頼する点として、このようなメリットもあるのです。一般の人が困っている問題を、弁護士が名前だけで解決するというのはよくあることです。また、弁護士に依頼したらなるべく早く保険会社と会ってもらうことが大事になります。

会ってしまえば、そこからの対応は弁護士に任せることができます。そう考えると、相談などを始めから行っておくとよかったと思いました。弁護士の介入が早ければ早いほど問題解決には有効です。

弁護士基準の慰謝料をもらう

慰謝料などを受けとる示談までには、値上げ交渉をすることが大事です。値上げ交渉ができることも、弁護士を利用する理由になります。ただ値上げするのではなく、弁護士基準で慰謝料をもらうことが重要です。慰謝料には保険会社基準と弁護士基準があり、その差は結構大きなものになっています。

私のように弁護士基準でもらうことができれば、示談金とはいえ大きな金額になることもあるでしょう。ただし、そうなるためには弁護士が交渉する必要があります。